大麦若葉

青汁とクロレラの違い

最近デトックス効果があることで女性を中心に話題となっているクロレラですが、クロレラはクロロフィルと呼ばれる葉緑素物質を持っていて、貧血改善やコレステロール値を下げたりいろいろな健康効果や美容効果を発揮します。
ここでは同じく健康と美容効果がある青汁とクロレラの違いについて探っていきます。

今では最も有名な健康食品といっても言い過ぎではない青汁は、主にケールや大麦若葉や明日葉などの緑葉野菜を絞った野菜の絞り汁です。
これに対してクロレラは、海藻の1種で、淡水に生息している緑藻類に分類されているプランクトンの1種です。
したがって青汁とクロレラは野菜と海藻ということで、その違いは明確です。

青汁ほど知名度がないクロレラですが、現在話題の豊富な栄養素を含むミドリムシに近いモノで、実に今から5億年以上前から存在していると言われています。
クロレラは増殖力が非常に高く、ビタミンやミネラルやアミノ酸の他にも、たんぱく質や歯酸や食物繊維などの数多くの栄養素をバランス良く含んでいて、大量に培養できることになったことから、健康食品としても1960年移行から販売されています。
したがって、その名前くらいは聞いたことがある人も多いでしょう。

最近では様々な種類の青汁も販売されていて、クロレラもその一つです。お互いに栄養素が豊富で健康や美容に様々な効果を持つため、それらが合体することでより高い効果が得られると評判です。
特に仕事で忙しくて規則正しい生活を送れない人や、野菜や海藻を食べるのが苦手で肉ばかり食べている人や、最近お肌の調子が良くないと悩んでいる女性や、身体がだるくて毎日起きるのが辛いなどの症状がある人は、それらの効果がミックスしたクロレラ青汁を試してみてはいかがでしょう。

このように、どちらも以前から健康食品として発売されていた商品で、その違いは青汁は原料が野菜で、クロレラは海藻の1種ということです。いずれも豊富な栄養素を含んでいて、美容や健康に高い効果を発揮します。