大麦若葉

青汁でかき氷

青汁が健康に良いことは十分に理解しているけど、どうしても苦みや臭みが苦手という人も多いでしょう。
最近では飲みやすい商品もたくさん販売されていますが、ジュースみたいに甘いモノはありません。
ここでは青汁を摂りやすくアレンジするかき氷を紹介します。

今ではインターネットで調べると、数多くの青汁レシピが紹介されています。
それだけ多くの人たちが野菜不足を解消したいと思っていることです。
その中にはかき氷レシピもたくさん見ることができます。

おすすめなのはその粉末を溶かし切らないで、ドロドロの状態にしてそのままかき氷の上にかけて食べる方法で、この場合はその苦みを楽しむことができます。
想像以上に苦味がちょうど良いので、是非試して下さい。
どうしても苦くて食べられない人は、そこに練乳をかけると甘くて確実に美味しくなります。

青汁かき氷のノーマルレシピは、水に溶かした普通の青汁に砂糖を入れてそのままかき氷にかけたモノです。
甘さはお好みにすればいいのですが、砂糖を入れ過ぎるとそのものの効果が薄れるので、効果を得たい場合は甘味を抑えることをおすすめします。
もちろん味だけを楽しみたい場合は、自分の好みの甘さに調整して下さい。

かき氷レシピとして最もおすすめなのは、抹茶のシロップに青汁を加えることで、そうすることで抹茶のコクがさらに出て非常に味わい深くなります。
もちろん抹茶だけではなく、市販のかき氷のいろいろなシロップに混ぜてかければバラエティーに富んだ味を楽しめます。
その中から自分の好みの味を探すのも面白いです。
抹茶シロップの場合は、そこにあんこや白玉をトッピングするのもおすすめで、抹茶を含めた他のシロップを使った場合は、アイスクリームを乗せるのもおすすめです。

このように、青汁を使用したかき氷レシピは今ではネット上でたくさん紹介されています。
普通に飲んでも美味しい商品がたくさん販売されていますが、暑い夏にはかき氷にすることで、より美味しくいただけるでしょう。
青汁は他の料理にも応用できます。