大麦若葉

トマトジュースと青汁の比較

どちらも栄養素が高い野菜であることから、健康や美容に良いのは明確です。
味が苦手で飲めない人も多い人も多い両者ですが、ここではトマトジュースなどの野菜ジュースと青汁のどちらが健康により多くの効果を得られるのか探っていきます。

結論から言えば、いろいろな栄養素を摂取できるのは青汁です。
トマトジュースからは当然トマトの栄養素しか摂ることはできません。
もちろんトマトからも、リコピンなどの独特な栄養素をたくさん摂取できます。
リコピンには美肌効果やダイエット効果や生活習慣を予防する効果もあるので、それらの効果を得るにはおすすめ商品です。

しかしトマトジュースにはトマトそのものの成分以外にも、加工段階で様々な添加物や糖分や塩分が加えられているモノがほとんどです。
そのため飲み過ぎは糖分や塩分の摂り過ぎにつながり、健康を害する原因になることもあるので注意が必要です。

これに対して青汁には、1つの野菜だけに限らずいろいろな野菜を主原料とした商品が発売されています。
一般的にはケールや大麦若葉や明日葉などを原料にしているモノが多く、ビタミンやミネラルや食物繊維http://www.hurricanefrequencies.com/dietary-fiber.htmlなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。
青汁を毎日コップ1杯摂取していれば、1日分の野菜の栄養素を補充できると謳って販売されている商品もあります。

しかし中には農薬や添加物がたくさん含まれている商品もあるので、商品選びはしっかり行わなければいけません。
最近では1杯あたり30円前後の値段で販売されている商品もありますが、あまりにも安く購入できる商品には手を出せない方がいいでしょう。
購入する時には自分が求める栄養分が配合されているかどうか、そして生産地や添加物や農薬の有無を確認して、安全性が高い商品を試して下さい。

このように、トマトジュースはトマトからの栄養しか摂取できないのに対して、青汁はいろいろな種類の中から自分に必要な栄養分が含まれた商品を選ぶことができます。
その分トマトジュースよりも青汁の方がより多くの効果を得られることになります。