大麦若葉

大麦若葉の青汁の効果効能

青汁とはもちろん野菜を原料として飲み物ですが、現在では数多くの野菜がその主原料となっています。
ここではその中でも大麦若葉の青汁の効果効能について詳しく探っていきたいと思います。

大麦若葉は一般の食卓で出される野菜としてはメジャーではありませんが、青汁の原料としては良く使われているイネ科の植物です。
その名の通りに大麦の若葉のことで、大麦が実をつける前に収穫されます。
青汁は野菜の苦みや臭みが特徴的ですが、大麦若葉は癖がなく飲みやすいのが一番の特徴でありメリットです。
現在では青汁製品として流通している半数が大麦若葉を使用していると言われています。

大麦若葉が使用される一番の理由は、それに含まれる優れた栄養素です。
大麦若葉には食物繊維が他の野菜と比較しても豊富に含まれていて、食物繊維は便秘解消に高い効果があることで知られています。
便秘は高血圧や免疫力の低下も引き起こす原因になると言われていて、他にも便秘になると体の中に毒素が溜まるため、ニキビや吹き出物の原因にもなり、便秘を解消することで美肌効果も得られます。

食物繊維と共に大麦若葉にはオクタコサノールという成分が含まれていて、これらは中性脂肪やコレステロールの数値を低下させる働きをしてくれます。
その他にもビタミンB類やビタミンCも豊富に含んでいて、疲労回復や動脈硬化の予防や解消、肩こりや不眠解消にも役立つと言われています。
さらに妊婦さんに特に推奨されている葉酸や鉄分やポリフェノールも大麦若葉には含まれていて、老化防止に役立つSOD酵素など、特に女性には嬉しい栄養素が多く含まれているのが大麦若葉の嬉しいところです。

このように、大麦若葉は現在流通している数多くの青汁製品の約半数に使用されていて、癖がなく飲みやすいのが最大の特徴です。
大麦若葉には植物繊維が豊富に含まれていて、他にもビタミンや歯酸や鉄分やSOD酵素など、健康と美容に良い成分が豊富に詰め込まれています。

そんな大麦若葉についてもっと知りたい方はこちら↓