大麦若葉

食事と一緒に飲んだほうがよい?

今では数え切れないほどの青汁商品がいろいろなメーカーから販売されていますが、基本的にそれを飲む時間はいつでもいいとされています。
朝起きてすぐに飲む人もいれば、夜寝る前に飲む人もいます。
ここでは食事と一緒に飲んだ方がいいのかなど、青汁を飲むベストタイミングを考えていきます。

青汁を食事中に飲んでももちろん大丈夫です。
実際に水の代わりや野菜の代わりに食事と一緒に飲む人は多く、食事の代わりにそれだけを飲む人もたくさんいます。
それには胃の調子を整えてくれる効果もあるので、食欲がない時にはおすすめです。
さらにケールを配合している商品に関しては、そこに睡眠ホルモンとの呼ばれているメラトニンが含まれているので、睡眠に障害がある人にはそのタイミングがおすすめです。

青汁を飲むベストタイミングとされているのは食前で、栄養学的にも食前に野菜を摂ることでダイエット効果があり、急激な血糖値の上昇も抑えられることが分かっています。
インスリンの分泌を抑えられることから、血糖が脂肪に変わりにくくなることが分かっていて、血糖値の上昇を抑えることは、糖尿病の予防にもなるため、結果的に糖尿病患者の増加を抑えることにもなります。
また、空腹時は青汁の吸収率が最も良い点もおすすめです。

また最近では忙しくて朝ごはんを食べない人が増えていると言われていて、朝ごはんを抜くことで太りやすい体質になることも指摘されているため、その意味でも肥満防止とダイエット効果があると言えるでしょう。

何よりも、青汁を飲むことは忙しくて朝食を食べることができない人たちの栄養補給につながります。
美容と健康のためには、野菜に含まれるビタミンやミネラルや食物繊維の摂取が必要なことは多くの人が知っているでしょうが、毎日2杯~3杯程度の青汁を続けて飲むことで、1日に必要な栄養分を補給可能となります。

このように、青汁は食事と一緒に摂っても構いませんが、ベストのタイミングは食前だと言われています。
主な効果がダイエットと血糖値を下げて糖尿病を予防することです。自分に合った青汁を毎日飲むことで健康維持に役立ちます。