大麦若葉

パウダータイプの青汁の特徴

最近はたくさんの野菜を使用した青汁が登場していて、もはや野菜を主原料としていないものも販売されています。
青汁には大きく分けるとパウダータイプと冷凍タイプとサプリメントタイプがありますが、ここではパウダータイプに焦点をあてていきたいと思います。

現在販売されている商品のほとんどはパウダータイプです。
パウダータイプにすることで保存も便利で、1包ずつにすることで持ち運びもしやすくなります。
最も多くの種類が発売されていることから、自分好みの味を見つけることができます。

パウダー対応であれば無料サンプルを配っている商品も多いので、飲み比べして好みの味を選ぶことができます。
はじめて飲む人の多くは、いろいろな情報を集めて1箱購入したけれど、どうしても味が合わなくても無駄にしているようです。
最近では飲みやすくなったと評判の青汁ですが、まだまだ味に癖がある商品は数多く流通しています。

しかし、パウダータイプの方が飲みやすい商品が多いのは事実です。
サプリメントタイプは最も飲みやすいですが、冷凍タイプはそのまま凍らせている分、新鮮さはある分野菜の苦みや臭みが強いモノも多くなっています。

メリットが多いパウダータイプの青汁ですが、実はデメリットもいくつかあります。
パウダータイプの商品は高温で処理されているモノが多く、高温処理することで野菜にもともと含まれているビタミンやミネラルや酵素が破壊され、青汁の栄養分が少なくなってしまいます。
またパウダーということで、粉っぽくてのどごしが悪いという意見も多く寄せられています。
もちろんパウダータイプでも栄養価の高いものや飲みやすいことで定評が高いものもあるので、値段も含めて栄養価が高くて自分に合った安心できる青汁を選びましょう。

このように、パウダータイプの青汁は最も流通していて、商品の数も多くなっています。
保存がしやすく携帯にも便利で、飲みやすくなっているモノも最近ではたくさんありますが、高温処理により栄養価が低いモノもあるので商品選びには注意が必要です。